男の自信とは

陰茎トレーニング

陰茎トレーニングとは陰茎を大きくするためのトレーニングで科学的な方法です。

陰茎は陰茎の少し上の方から伸びている筋肉とおしりの方から伸びているPC筋という筋肉で構成されています。

陰茎トレーニングというのはこの上下の筋肉に働きかけて陰茎をよりいっそうギンギンにする目的のトレーニングです。

陰茎トレーニングの具体的な方法は腹筋をしたりスクワットをしたり陰茎を伸ばすトレーニングというものがあります。

これらの運動をすることにより陰茎そのものが硬く太くなり、勃起したときのギンギン具合に貢献してくれます。

毎日これらの陰茎トレーニングを着実に行うことにより、勃起したときのギンギン具合を手に入れることができます。

増大するためのマッサージ

陰茎を大きくするためのマッサージがあります。ジェルキングと呼ばれている方法で、ジェルやクリームで陰茎をマッサージして血流を改善して増大する方法です。

ジェルキングの方法には次のようなものがあります。陰茎を蒸しタオルで温めて、陰茎を反勃起状態にしてジェルで親指と人差し指を使って亀頭側に引き延ばしていくというものです。

ポイントしてはスライドするときに根元から血流を流し込むようなイメージで亀頭に向けてスライドしていきます。

陰茎増大クリームを活用する

陰茎を大きくするための専用のローションが販売されています。

陰茎の血流を改善する成分が配合されていて、普通のローションより効果的と言われています。陰茎に塗ってマッサージをすることにより血流が増大します。

増大クリームの効果は塗った瞬間に陰茎がすぐにあたたかくなってきます。

この陰茎増大クリームは陰茎増大用のマッサージのジェルキングのときにつかうことにより相乗効果を発揮して陰茎増大へ導いてくれることでしょう。

メンズサプリを使う

メンズサプリには男の自信に必要なシトルリンやアルギニンがふんだんに配合されています。

シトルリンとアルギニンは普段の食生活で取り入れることが難しいので、メンズサプリなどをつかって積極的に取り入れましょう。

シトルリンとアルギニンというメンズサプリにふんだんに盛り込まれている成分を積極的に摂取することにより圧倒的充実力を得ることができるんです。

人知れず不安を抱える男性の活力にはメンズサプリを使うことが一番の近道で確実だと思います。

男の自信を促す方策

男の自信を大きくしたいのであれば、男の自信トレーニングとメンズサプリを同時並列的に使うことにより、外部と内部から促すことができるでしょう。

ペニストレーニングの効果を出すためにはペニスの成長のための栄養素が欠かせないわけです。

メンズサプリは体内から男の自信を促すものですが、ペニストレーニングは外部から圧力をかけて、細胞を大きくさせるものです。

男の自信を確実なものにするなら、外部からの刺激と内部からの刺激のダブルで目指しましょう。

ミルキングとは

ミルキングというのは手を使って、ペニスに圧をかけて、男の自信を促していこうというトレーニングです。

ミルキングに期待できる効果はペニスへの血流促進効果により亀頭の増大です。

ミルキングの手順はまずペニスを半分勃起した状態にして、小指から順に握っていって親指まで波を描くように握っていきます。

小指から根元から順に握っていくことにより、ペニスの先である亀頭の先端まで血流を促進することができます。

亀頭の先端部分まで血流を促進することにより、亀頭の大きさアップにも貢献することができますし、竿全体の増大効果も期待できます。

亀頭が小さいと先細りになり、見た目も悪くなってしまうので、カリを特に大きくしたい人にはこのミルキングという手法がおすすめです。

ジェルキングのやり方

ジェルキングというのはジェルやローションなどを使って、ペニス全体をトレーニングする方法です。

ジェルキングをする主な目的は、ペニスを長くしたり、ペニス全体への血流量を増やしたりということが目的です。

ジェルキングの手順を解説していきます。まずペニスにローションを塗ります。次にペニスを半勃起状態にします。そしたら次に親指と人差し指で作った輪っかで根元からカリまで絞るようにスライドさせていきます。これの繰り返しです。

ジェルキングというのは増大器具で言うところの真空ポンプに値しますね。ペニスというのは根底部は体の内部にうもれているので、その部分をそとに引っ張り出すイメージでやるといいと思います。

体内に埋もれている部分を外に引き延ばす手法なので、ペニスの長さに悩んでいる人にはうってつけの方法ですね。

ジェルキングにもミルキングと同様に血流を促進させる効果も期待できます。

メンズサプリ、増大器具、増大手術の一長一短

男性であれば人生で一度はペニスサイズを大きくしたいとか、平均と比べてどれくらいなのかと気になったことがあると思います。

自分のペニスを勃起させて定規で測ってみたり、銭湯やサウナで他人のペニスをチラ見してしまった経験があることはあると思います。

ペニスサイズに自信があれば問題ありませんが、小さかったらペニスのサイズがコンプレックスになってしまうのではないでしょうか。

そして、ペニスサイズが平均値より小さくても、どうやって大きくすればいいのかわからない人が大半だと思います。男の自信術に長けているという人はあまりいないのではないでしょうか。

ペニスサイズに自信がない人のために、どうやったらペニスを一番効率的に、コスト面も安く抑えて、最大限に増大できるのかを紹介していきたいと思います。

まず思いつくのは増大手術だったり、増大器具だったり、メンズサプリなのではないでしょうか。

増大手術のメリットとは

男の自信を大きくしたいけど、手術をしてまで増大したくないというひとはほとんどだと思いますが、実際に増大手術には、どれくらい費用がかかって、どれくらい時間がかかるものなのでしょうか。

実際に手術をした場合の時間や費用や効果について解説していきたいと思います。

増大手術の内容をおおまかにわけると、陰茎を長くする手術や太くする手術や亀頭だけを大きくするものがあります。

ペニスの土台部分である人体を手前に引き出して長くしたり、ペニスにヒアルロン酸を注入してカリ首を大きくしたり太さを大きくしたりというものがあります。

増大手術というのは物理的なものなので、確実に増大できるというメリットがあります。

増大手術自体も1時間以内で終わるものがほとんどなので、日帰りでかえることができます。

以上がメリットですが、次はデメリットについて解説していきたいと思います。手術は個人の自由でやるものなので、保険の適用外です。

簡単なヒアルロン酸注入などのものであれば数万円ですが、メスをいれるようなものであれば数十万円かかってしまいます。

また、手術後に痛みや腫れがでることもあるので、オナニーやセックスなどの性行為全般ができないというデメリットもあります。

増大手術の最大のデメリットは勃起したときのサイズは増大できないというものがあります。

大金を出して手術したのに、勃起したときのペニスサイズが変わらなかったら意味がないと思ってしまいますよね。

これから男の自信をしようと思っている人で、増大手術を検討している人は、こういった点をしっかり認識しておきましょう。

増大器具とは

器具にはペニスに筒状のものをかぶせて真空にするポンプタイプとペニスを引っ張って大きくする牽引タイプがあります。

ポンプタイプは勃起したペニスに取り付けて、ひっぱる圧力をかけることにより、ペニス全体の細胞を大きくすることができるという代物です。

牽引タイプの器具というのはペニスの竿部分を引っ張って増大させるというものです。

これらのメリットは器具を使って直接的にペニスに圧力をかけるので、効果を実感しやすいということがあります。

実際にペニスが目に見えるくらい大きくなるまでには時間がかかるとおもいますが、途中でなんらかのペニスへの刺激を感じることができれば、モチベーションを維持したまま使い続けられると思います。

ポンプタイプのデメリットとしては、短期間で圧力をかけることになるので、ペニスに過度に負荷をかけてしまうということでしょう。

あとは、毎日30分以上使い続ける必要があるので、どうしても途中でめんどくさくなってしまうでしょう。

もう一つの牽引タイプの増大器具のデメリットは装着する時間が長いと言うことです。休憩も入れると5時間くらい装着し続ける必要があります。

睡眠中に増大器具を付けていると外れてしまってペニスを傷つけてしまうこともあるので、睡眠中は使わないことをおすすめします。

つまり、起きているときはほぼ牽引タイプの増大器具を装着しておくことが必要になります。男の自信器具の購入を考えている人は安いものを使わないようにすることも大切です。

安い増大器具を使うと、痛いだけで実際に増大できないこともあるのので、安いものを使うのはおすすめしません。

メンズサプリのメリットとデメリット

メンズサプリの一番のメリットはなんといってもその使い易さです。飲み続けるだけでいいので、誰でも簡単に使うことができますし、長く使い続けることがしやすい方法です。

メンズサプリに入っている成分には男をパワーアップさせる成分がたくさん入っています。

男の自信のメカニズムから自信増大サポート成分を厳選しているのです。

用法用量を守って飲むようにすれば薬のような副作用のリスクは全くなく、安心安全に男の自信を目指すことができます。

メンズサプリによってはGMP認定された工場で製造されているので、原料や製造過程においても十分な安全性が保証されています。